sironekotoroの日記

Perl と Mac の初心者の備忘録

Perl入学式 #1,2 練習問題

Perl入学式 #1

plenvとかperlbrewってのが導入する意味が不明だったけど、もとからOSに入っているperlを汚したくないって理由で腑に落ちた。

練習問題

print命令を複数個使って, あなたのプロフィール(名前, 年齢, 大学etc...)を表示するスクリプトを書いてみよう

自分の答え

Perl入学式 #2

練習問題

先程の冒頭の3行のおまじないを加えた上で, Hello, Worldという文字列を出力するhello.plを作成しよう

自分の答え

練習問題

自分の名前, 年齢, 身長などの情報をそれぞれname, age, heightといった変数に格納し, それらの値を出力するスクリプト profile.plを作成しよう use strict, use warningsを使おう

自分の答え

練習問題

標準入力から変数を2つ読み込み, それらを四則演算(+, -, *, /)した結果を出力するスクリプト calc.plを作成しよう

自分の答え 標準入力できないからcodepadでエラー出ちゃうんかな

練習問題

簡単な文字当てゲーム question_word.plを作成しよう 端末から文字列を一つ入力し, その文字列が$answerと一致したらOK, 外れたらNGと表示する

自分の答え

練習問題

簡単な数当てゲーム question_num.plを作成しよう 端末から数字を一つ入力し, その数字が$answerと一致したらOK, $answerより大きければtoo big, 小さければtoo smallと表示する オプション: 入力した値が, $answerから-5〜+5の範囲内($answerが10なら, 5〜15)の場合, nearと表示するようにしてみよう

自分の答え

練習問題

配列@arrayにを使って3つの文字列を格納し, これを「文字列として」ソートしたものを出力するsort.plを書いてみよう ヒント: @arrayに文字列を3個入力する処理は, for文を使ってシンプルに書いてみよう

自分の答え

最終問題

FizzBuzz問題にチャレンジ!! 1から100までの数字について, その数字が3で割り切れるならFizz, 5で割り切れるならBuzz, 3でも5でも割り切れるならFizzBuzz, それ以外ならばその数字自身を出力するfizzbuzz.plを作成しよう

自分の答え