sironekotoroの日記

Perl と Mac の初心者の備忘録

Excel VBAスタンダード 公式テキスト 11章 OLEオートメーション

  • OLEとは
    • Object Linking and Embedding
    • アプリケーションから別のアプリケーションを操作したりできる
    • 例:Wordに埋め込まれたExcelの表

OLEオートメーションの使い方

事前バインディング

  • 利用したいオブジェクトをあらかじめ参照設定する方法
  • VBEでツール -> 参照設定 をクリックして、チェックボックスにチェックを入れる
    • Microsoft Internet Controls」にチェックを入れると、VBAからIEが利用できる
Dim IE As New InternetExplorer
IE.Visible = True
IE.Navigate "http://vbae.odyssey-com.co.jp"
MsgBox "ページを表示しました"
IE.Quit
Set IE = Nothing
  • おぉ、IEが起動して終了した

実行時バインディング

  • 事前に参照設定せずに、VBAのコードでオブジェクトへの参照を行う
Dim IE As Object
Set IE = CreateObject("InternetExplorer.Application")
IE.Visible = True
IE.Navigate "http://vbae.odyssey-com.co.jp/"
MsgBox "ページを表示しました"
IE.Quit
Set IE = Nothing

どちらがいいのか?

  • 事前バインディングでは参照するオブジェクトをあらかじめ指定するため、プロパティやメソッドの自動メンバ表示が可能になる
  • 実行時バインディングはCreateObject関数で好きなタイミングで参照できる

OLEオートメーションの注意

  • Excelから他のアプリケーションを操作するのは容易ではない
  • また、それぞれのアプリケーションのメソッド名等も自分で調べる必要がある

事例1:IntenetExplorerを操作する

  • 変数名 = 値:一般的な例
  • Set 変数名 = オブジェクト
    • 例:Set IE = CreateObject("InternetExplorer.Application")
  • Set 変数名 = Nothing
    • オブジェクト変数の開放
Option Explicit

Sub Macro1()
'
' Webページの内容をMsgBoxで表示する
'
Dim IE As Object, buf As String

Set IE = CreateObject("InternetExplorer.Application")
IE.Visible = True
'IE.Navigate "http://vbae.odyssey-com.co.jp/"
IE.Navigate "http://www.yahoo.co.jp/"

'IEの処理待ち
Do While IE.Busy = True
    DoEvents
Loop

'IEの読み込み待ち
Do While IE.Document.ReadyState <> "complete"
    DoEvents
Loop

buf = IE.Document.Body.InnerText
IE.Quit
MsgBox buf
Set IE = Nothing
'
End Sub

事例2:Windows Script Hostを利用する

  • VBAでは難しいことをWSHでで実現する
  • 例:5秒後に自動で閉じるポップアップ
Sub Macro1()
'
' WSHを利用する
'
Dim WSH As Object
Set WSH = CreateObject("WScript.Shell")
WSH.popup "5秒後に閉じます", 5, "テスト", vbInformation
Set WSH = Nothing
'
End Sub

11-2 APIとは

  • APIは公開されている機能や関数だけを呼び出して実行する
  • OLEはプログラムそのものを操作する

APIの使い方

Option Explicit

Declare Function GetTickCount Lib "kernel32" () As Long

Sub Macro1()
'
' セルA1に1から1000までの数値を入力し、その時間を計測する
'GetTickCountはWindowsが起動してから現在までの時間をミリ秒単位で返す関数

Dim i As Long, start As Long
    start = GetTickCount
    For i = 1 To 10000
        Range("A1").Value = i
    Next i
    MsgBox (GetTickCount - start) / 1000 & "秒"

'
End Sub

APIの注意点

  • 宣言や使用方法を誤ると、Windowsが強制終了する等の危険がある
  • VBAの機能にある事を、APIでカバーしようとしない

事例1:ゴミ箱に送る

  • VBAのファイル削除ステートメントkillではファイルをゴミ箱に残さずに完全に削除してしまう
  • APIを利用してゴミ箱に送る
Option Explicit

Declare Function SHFileOperation Lib "shell32.dll" _
(lpFileOp As SHFILEOPSTRUCT) As Long

'SHFileOperation関数に渡すユーザー定義型
Type SHFILEOPSTRUCT
    hwnd As Long
    wFunc As Long
    pFrom As String
    pTo As String
    fFlags As Integer
    fAnyOperationsAborted As Long
    hNameMappings As Long
    lpszProgressTitle As String
End Type

Sub Macro1()
'
' ファイル C:\sample.log をごみ箱に送る
'
Dim SH As SHFILEOPSTRUCT, re As Long

With SH
    .hwnd = Application.hwnd
    .wFunc = &H3
    .pFrom = "C:\sample.log"
    .fFlags = &H40
End With

re = SHFileOperation(SH)
'
End Sub